スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高血圧が怖いわけ

人の血圧は心臓から血を体の隅々まで送る圧力のこと。血管が細くなったり地の通り道が狭くなったらすると、その分圧力を高めてやらないと血が全身に回らない。血圧が高いと健康によくないと言う事は、多分、皆さん御存知の事だと思います。けれど、実際に自分が高血圧になってしまっても、なんとなく大丈夫だと思ってはいませんか?それでは、どうして高血圧だといけないのでしょう。まず、血圧が高くなると、血管の壁に普段以上の圧力がかかります。すると、その圧力に耐えようとして動脈の血管の壁が厚くなっていき、次第に血液の通り道も狭くなっていきます。そこにコレステロールなどの脂質がたまり、更に血液の通り道が狭くなると言う悪循環に陥り、結果として血管が硬くなる「動脈硬化」になっていくのです。この動脈硬化をそのままにしておくと、脳や心臓、腎臓といった身体の重要な臓器部分が大きなダメージを受けて、脳卒中、心筋梗塞、腎臓病(腎硬化症)といった病気の原因になるのです。また、血管が硬くなると、血液を全身に送り出している心臓にも、通常よりも余分な負担が掛かる為に、心臓の筋肉が肥大化していき、心臓の働きも低下していきます。日本人の死亡原因の第1位はガンですが、第2位と第3位は心臓疾患と脳卒中となっています。つまり、高血圧が引き金となって起きる病気は、生命に関わるような重大な病気になる事が多いのです。これが、高血圧が怖いと言われている理由です。健康診断などで血圧が高めだと言われた場合には、今後の生活等に十分に注意するようにして下さい。


高血圧が怖い病気の引き金に

高血圧が原因の病気は本当に怖い。怖い病気ばかりで、心不全、心肥大、動脈硬化、脳出血や脳卒中などなど。病名を見ただけで震えが止まらなくなります。高血圧と言う病気を理解して、高血圧の初期段階を確認しましょう。では、高血圧とは、生活習慣病とも言われている高血圧は、健康診断等でもよく問題にされる症状ですが、それは高血圧が様々な病気の引き金となり易くなっているからなのです。それでは、高血圧が関連する病気には一体どんなものがあるのでしょう。血圧が高いと、それだけ血液を送り出している心臓に負担が掛かってくる為に、どうしても心不全や心肥大などの心臓疾患の危険性が出てきます。また、高血圧状態が長く続くと、血管が常に張り詰めた状態となり、次第に柔軟性が無くなり、硬くなっていきます。これが動脈硬化です。動脈硬化が進むと血管がもろくなり、ちょっとした血液の圧力で血管が破れて出血してしまう脳出血や、脳卒中へと繋がっていきます。このように、高血圧が関連して発症する病気には、日常生活に支障をきたしてしまうような重大な病気が挙げられます。また、重い病気ではなくても、心臓に負担が掛かる為に、動悸や息切れが激しくなったり、むくみが起こったりします。動脈硬化の為に血液の循環が悪くなり、肩コリやめまい、頭痛に悩まされる事もあるでしょう。このような、高血圧の初期症状は見逃されるケースが多いのですが、いつもと体調が異なると感じたら念の為に血圧を測ってみると良いでしょう。初期段階でしたら、食事や運動などの生活改善で血圧を低下させる事が十分に可能となります。定期的に自分の血圧を確認する事で、正常な血圧を保つように心掛ける事が大切ですね。

高血圧の原因ご存知ですか

高血圧の原因は、遺伝的なもの、生活習慣、病気やホルモン異常そして薬などの副作用です。病気やホルモン異常や副作用などの高血圧は手術や治療で完治のケースもありますが、そのほかは原因が特定できないのです。では、高血圧とは、心臓から全身に送り出している血液の圧力が基準値以上である状態が続いている事を言いますが、このような状態になる原因には、一体どんな事が考えられるのでしょう。まず、高血圧の原因は大きく「本態性高血圧」と「二次性高血圧」の二つに分けられています。本態性高血圧とは、原因が特定出来ず、遺伝的な要因や食生活などの生活習慣などが関係しているとされているものです。高血圧の大部分が、この原因不明の本態性高血圧に属しているとも言われています。遺伝的な要因の場合には、父親、または、母親のどちらかが高血圧の症状があれば2~5割の確率で、両親ともに高血圧の症状があれば5~7割の確率で、子供にも高血圧が遺伝するとされています。食生活などの生活習慣が関係している場合には、
・塩分の摂りすぎ
・肥満
・過剰なストレス
・大量のアルコール摂取

高血圧をツボで改善する

あなたはツボと聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?「マッサージ、怪しい」?いやそうではありません。ツボを刺激することで病気を改善することができるかもしれないのです。中医などによると、人間のツボはさまざまなところにあり、それらのツボを刺激してやることで特定の部位の病気改善を測ることができると言われています。頭痛を抑えるツボ、ダイエットに効くツボ、小顔になれるツボなど、私達の身体には様々なツボが存在しています。その中にはもちろん、血圧を下げる効果のあるツボもちゃんと存在しているのです。それでは、高血圧に効果のあるツボとはどんな箇所にあるのでしょう。まず、血圧が高くなる理由のひとつに、抹消の血液の循環が悪い事が挙げられます。血液の循環が悪いと、心臓は全身に血液を送る圧力を強める必要が出てきます。その為に、血圧が高い状態が続いてしまうのです。その状態を防ぐ為に、とりあえず指先を刺激するようにしましょう。指先は敏感な部分でもあるので、この箇所を刺激してあげる事で自律神経が整って、血液の循環が良くなっていきます。この指先のツボは、指先の最先端の真ん中にあり、両手10本を合わせて「十宣(じゅっせん)」と呼ばれています。このツボを、反対の親指と人差し指で挟むようにして刺激します。耳にも高血圧に効果のあるツボがあります。「降圧帯(こうあつたい)」と呼ばれている、耳の裏側の上の部分、外側のへこんだ場所にあるツボです。このツボを、人差し指の腹で上下に30回程度擦って刺激します。その際、両耳を同時に刺激すると良いでしょう。ツボを刺激する事は、副作用もなく、費用も掛からない手軽な高血圧改善の方法だと言えます。入浴の際など、ちょっと気がついた時にでも、是非ツボを刺激してみて下さいね。


高血圧は食事で改善できる

高血圧などの病気は昔からある病気ではありません。我々日本人の食生活がどんどん欧米諸国の影響を受け変わってきました。江戸時代の食生活の様子を見れば、高血圧はおきない、そんな食材や食習慣がありました。もしあなたが高血圧で苦しんでいるのなら、一度食生活を中心として生活習慣を変えてみませんか?では、本文に入りますね。食生活などの生活習慣が高血圧の原因になっている方の中には、食事療法で高血圧を改善しようと考えている方も多いでしょう。実際、高血圧の改善には食事療法が最も有効な手段のひとつだと言われています。それでは、高血圧を治療する為の効果的な食事には、一体どんなものがあるのでしょう。まず、高血圧の食事療法と言えば、とにかく塩分を控えることです。高血圧の場合には、一日の食塩摂取量は6g未満が望ましいと言われていますが、日本人の一日の食塩摂取量は平均で13g程度になっています。これを半分の量にする必要があるので、かなりの薄味を覚悟しなければなりません。また、塩分は味噌、醤油、ソースなどの調味料や加工食品にも多く含まれていますので、塩分の管理には十分に注意が必要です。また、大豆タンパクにはコレステロールを低下させる働きがあると同時に、植物性脂肪や食物繊維も摂取する事が出来ます。豆乳や納豆、豆腐などの大豆食品を積極的に摂取すると良いでしょう。血液がサラサラの状態になると、血管の流れもスムーズになるので、自ずと血圧も下がります。魚や海藻、酢などを毎日の食事に取り入れて下さい。それに、肉中心の食事から、たっぷりとした野菜中心の食事に変更する事で、ドロドロだった血液も段々とサラサラな状態に変化していくでしょう。高血圧の方の多くは肥満であるケースが多いと思いますが、体重を10kg程度落とす事によって、かなりの血圧低下が期待出来ます。ダイエットの為にも、栄養バランスの整った食事をする事が大切です。

最新記事
アドセンスサイド
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。