スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームヘルパー3級?

ホームヘルパーの仕事では、元々ホームヘルパー3級という物が存在したそうです。
とは言っても3級の資格を取れる場所もほとんどなかったそうです。
2009年の3月まではホームヘルパー3級の資格を持っている人も介護の仕事をすることが出来たそうですが、それ以降はこの資格を持っていること自体無効になってしまい、3級の資格を持っていても水の泡になってしまったということです。

元々取れる機関も少なかったということで、ホームヘルパー3級の資格を持っていても仕事も少なく、あまり需要がなかったようです。
この資格はあくまでも、家族の介護を自分でしたいという方や、介護のことを知りたいという方が身に付ける程度の知識でした。
その為施設などではあまり活かされなかったのです。
ホームヘルパー3級という資格は、あまりにもマイナーな為、既に介護の仕事をしている人でも存在すら知らなかったという人も多くいます。
この資格を取った方は少々お気の毒な話です。

スポンサーサイト

介護現場での人間関係は

介護関係の資格を持っている人は、老人ホーム等の介護施設での求人を探したりすると思いますが、仕事内容も気になりますが施設の人間関係も気になると思います。
介護関係の仕事をしている人の多くが仕事を辞めるのは、介護そのものの大変さよりも施設での人間関係に疲れて辞める人のほうが圧倒的に多いのです。
確かにお年寄りとの関係がうまくいかないこともありますが、お年寄りは病気で意地を張ってる人も多いので関係が悪くても諦めがつくのです。
しかし、一緒に働いている仲間に問題があった場合はそれ以上の苦痛を感じることでしょう。
介護の仕事が嫌なのではなく人間関係が嫌で辞めるので、辞めた後に転職先として再び介護事業に就く人もかなり多いのです。

ホームページを見ただけではその職場の人間関係が良いかどうかわかりません。
楽しそうにTwitterを更新している老人ホームでも、ヘルパーではなく事務の若い子が更新しているだけであって、問題のあるヘルパーや上司が働いてる老人ホームも存在します。


私の祖母は介護認定を受けており

私の祖母は介護認定を受けており、介護福祉士さんの指導のもと過ごしています。私は祖母と家が近いので週末は様子を見に行くのことが多いのですが、元気な姿を見てはホッとしています。
祖父も健在なのですが、高齢なので一人で祖母を見るには至難の技です。ただ祖父は介護認定がおりなかった(比較的症状が軽かった)ので、介護福祉士さんが就くことはありません。

介護福祉士さんは、祖母のために毎日ヘルパーさんを来させて、家事をお願いしてくださいました。
朝は祖父が朝食をこしらえ、昼・夜とヘルパーさんが来られます。一週間すべて来てくれるのでこちらとしては安心ですね。
祖母は消化があまり良くないので、メニューはいつも決まったものばかり。
煮魚やオイモの炊いたもの、ほうれん草の白和えなどです。ヘルパーさんは親切で優しい方ばかりで、祖母の好きなご飯を聞いて、柔らかく調理をしてアレンジして出してくださったりもします。
介護福祉士さんは、祖母を毎週病院へも付き添ってくれますし、本当にこちらとしては感謝の気持ちでいっぱいです。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。